返済日以前に返済を求められたら、支払わなければならないのだろうか?と不安になったことはありますか?

期限の利益。つまり債務者には制限を定めることにより、利益を得ているのであって、定めを無視して、返済を求める資格はありません。
なので、返済期限まではたとて返済を求められたとしても、それに応じて返済する必要は全くありません。
定められた返済日が来ていないのであれば、返済を拒む権利があるので安心してください。

しかし、債権者と債務者の間で返済期限を定めてしないばあいは、 双方の関係や額にもよりますが、通常は1週間から2ヶ月程で催促した場合は、それを経過したときが返済日となります。

返済を一度でも怠ると、残金を全額返済しなければならないのか?

もし返済日までに返済ができなかった場合は、遅延損害金を遅れた日数分支払わなくてはなりません。
また、期限の利益も損失し、一括で残金を返済するように債権者から求められる例もすくなくありません。
それは、金銭消費貸借契約書に『期限の利益喪失約款父』が必ず含まれていて、債権者が一括返済を求められる例として挙げられているからです。

税金の滞納をした
契約上の違反をした
一度でも返済が遅れた
契約上の違反をした
手形の不渡を出した
差押え、競売などの強制執行を受けた
破産、民事再生、会社更生の申立てがあった

などの場合が約款に具体的な例として記載されています。
ただこれは2、3回返済が遅れた場合であり、1度遅れた位では、大手消費者金融や銀行は 残金の全額返済を求めてくることはまずありません。

ただし、返済が遅れた以外の事例に関しては、直ぐに期限の利益を損失させ、残金の一括返済を求められるのが通常だと思っておいてください。

返済を一度でも怠ると、残金を全額返済しなければならないのか?

もし返済日までに返済ができなかった場合は、遅延損害金を遅れた日数分支払わなくてはなりません。
また、期限の利益も損失し、一括で残金を返済するように債権者から求められる例もすくなくありません。
それは、金銭消費貸借契約書に『期限の利益喪失約款父』が必ず含まれていて、債権者が一括返済を求められる例として挙げられているからです。

税金の滞納をした
契約上の違反をした
一度でも返済が遅れた
契約上の違反をした
手形の不渡を出した
差押え、競売などの強制執行を受けた
破産、民事再生、会社更生の申立てがあった

などの場合が約款に具体的な例として記載されています。
ただこれは2、3回返済が遅れた場合であり、1度遅れた位では、大手消費者金融や銀行は 残金の全額返済を求めてくることはまずありません。

ただし、返済が遅れた以外の事例に関しては、直ぐに期限の利益を損失させ、残金の一括返済を求められるのが通常だと思っておいてください。

残金の一括返済を求められた場合はどうするべきなのか?

債権者が、残金の一括返済を求めてきた場合、返済できなくて破産や倒産をした人も少なくありません。
ですが相手が闇金の場合は、法令違反をしている事例もあるので、合法金利で計算をして、返済額を減らせることがあるので、要求のままに支払う必要はありません。

また、大手消費者金融のように合法な金利であっても、安定した収入うがあれば、返済期限を伸ばしてもらえるなど、返済しやすい形をとってくれる場合があります。

ただ、リスケ(返済期間の延長や、利下げ)は、相手によってはあまりメリットのない条件の変更なので、弁護士などの法律の専門家に任せるのが得策だといえます。
リスケは裁判所を利用する方法と、当事者が話し合う方法があります。

特定調停手続きと個人再生手続きは、裁判所を個人債務者が利用して行う手続きですが、 個人再生手続きは裁判所が再生計画を認可してくれる、債権者の同意がいらないというメリットがあり、特定調停は両者の合意があれば、内容は問われないというメリットがあるので、上手く使い分けましょう。

このページの先頭へ